特に夏場は危険!誰にでもかかる可能性がある脱水症の原因とは

命を脅かす程の危険な暑さ

今日本は毎年異常気象と言われており、特に夏は猛烈な暑さが日本中を脅かしています。 猛烈な35度以上の暑さが続くと特に心配となるのが脱水症・熱中症です。 人間というのは健康を保つためには体液のバランスがよくなければなりません。 この体液のバランスというのは体内に入る水分と体外に出る水分量が一定に保たれているということが大切なのですが、極度の暑さでの発汗や下痢・嘔吐などにより大量の水分と塩分が失われてしまうと体液のバランスが崩れ、脱水症となります。 脱水症になると様々な病気を引き起こす要因にもなり、最悪は体内の臓器が動かなくなる臓器不全になり、命に関わる危険性もあるため、少なくとも脱水症の1歩手前である前脱水の段階で気づき、脱水症を予防する必要があります。 特に小さなお子様や高齢者は自分が脱水症であることに気づきにくく、水分が足りていないこともわからない場合が多いので要注意。 特に夏場は脱水症にかかる危険性が高まります。 今回は脱水症にかかる原因と予防方法、脱水症の症状や症状が出た時の対応についてご紹介しましょう。

脱水症にかかる原因とは

急な暑さによるもの

急な暑さの中に長時間いると汗を大量にかき、脱水症にかかる原因となります。

年齢による身体の反応の鈍さ

高齢者が脱水症状にかかりやすい大きな原因となっているのが年齢による身体の反応の鈍さです。 年齢と共に人間というのは身体の感覚が徐々に鈍くなってきます。 暑さや寒さの感じ方、のどの渇き方、身体の異常にも鈍いため、本当は自分が思っている以上に身体に負担がかかっているのに、自覚することが難しくなります。

薬の影響によるもの

服用している薬によっては利尿作用を含んでいるものがあります。 外が暑い時は特に注意。 必要以上に汗をかき、水分不足の身体に薬による利尿作用がプラスされると身体は脱水症状を引き起こします。

食欲不振によるもの

夏バテや体調不良などが原因で食事の量が減ってしまった場合水分不足となり、脱水症状を起こす場合があります。 普段の食事というのは野菜や果物、汁物、ごはんなどで水分を補給しています。 食欲がない場合は水分補給をこまめにするよう注意することが必要です。

トイレの回数を減らすためのもの

夜中トイレに行くのが面倒、身体が不自由なので何度もトイレに行きたくないという方の中には意識的に水分を少なくしてトイレの回数を減らそうとする方もいます。 暑さも加わると汗をかくため、脱水症になる危険性が高まります。

筋肉の減少によるもの

高齢者や病気で筋肉が衰えてしまうと脱水症のリスクが高まります。筋肉というのは体液を多く含んでいるためです。

脱水症の主な症状

あれ?なんだか身体がおかしい、汗が出ない、ぼんやりするといつもと身体の状態がおかしいと思ったら脱水症だったという事は少なくありません。 脱水症の主な症状を知っておけば症状が起きた時、早めに対策がとれ、自分自身も家族も守ることが出来ます。

なんとなくおかしいという軽度の脱水症状

食欲がない、なんだかふらつく、めまいがする、口の中が渇く、汗が大量に出る、気分が悪く吐き気がする、足がつる、しびれる、なんだかぼんやりしてしまうなど

明らかにおかしいと感じる中度の脱水症状

頭が痛い、口の中が粘り渇く、おしっこの回数が減る、汗が出ない、精神的に不安艇になる、動きが遅くなる・鈍くなる、嘔吐など

命の危険のある脱水症状

チアノーゼになる、痙攣が起きる、意識が朦朧とする、幻覚が見える、呼吸困難になる、昏睡状態に陥るといった重い脱水症状は命の危険があります。 速やかに病院に連れていくか、救急車を呼びましょう。 その他にお肌の艶が無い、手の甲の皮膚を引っ張ると3秒では戻らないといった場合は脱水症にかかっている危険性があります。

脱水症状が出た場合の対応方法

脱水症状が出た場合にはまずイオン飲料や経口補水液で水分の補給をすることです。 出来れば日頃から蛍光保水液やイオン飲料は常備しておきましょう。 脱水症状がある場合、4時間以内に体重1キロ当たり30ml〜50ml程摂取する必要があります。 体重60キロの人の場合は4時間以内に約2リットル摂取するようにしましょう。 一度の大量ではなく、ちょこちょことこまめに補給をすると無理なく水分を摂取できます。 イオン飲料や経口補水液が手元に無いという方の場合は自分で経口補水液を作りましょう。 作り方は簡単。水を1リットル、食塩3グラム、お砂糖20〜40グラムを溶かして出来上がり。出来ればレモン果汁などを入れると飲みやすくなります。 重症の方の場合は点滴などで経口補水液を摂取する必要があります。

脱水症を予防するためには

1日に必要な水分量摂取を心掛ける

高齢者や脱水症にかかりやすい方は水分調整が上手ではないため、自分がどのくらいの水分が必要なのかがわかりません。 おおよその目安として体重1キロあたりに40mリットル、体重が50キロの方は約2リットルの水分を意識することが大切です。 通常に食事を摂取していれば1リットルの水分を摂取することが出来るため、残り1リットル〜1.5リットルをお茶や麦茶、イオン飲料などでこまめに水分補給することが大切です。 ペットボトルや水筒などであらかじめ一日に取る水分を用意しておくと自分でもわかりやすく、意識して水分を摂取することが出来ます。 高齢者の場合は周囲が注意をし、水分補給がこまめにできているかをチェックしてあげるようにしましょう。 高齢者だけでなく小さなお子様も常に水分補給を忘れない事。 屋外で遊ぶ前後には必ず水分をとらせるようにしましょう。 小さなお子様は身体を動かすと水分を多く必要とします。出かける際には必ず多めに水分を用意し、冷たく飲みやすい状態にしておきましょう。 食事の際には野菜スープやコーンスープといったスープ類も水分補給に役立ちます。

定期的に水分補給をするようにする

あまり水分を自分から摂取しない高齢者がいる場合、水分補給は周囲のサポートが重要となります。 水分補給を定期的にできるよう、一日の生活習慣の中で水分補給の時間を当たり前のように組み入れてしまいましょう。 朝起きたてに飲む、食事をしながら水分をとる、食後に飲む、外出前後に飲む、お風呂の前後に飲むといった習慣を身につけ、ちょこちょこと摂取すれば安心です。

お部屋の温度と湿度に注意をする

部屋に湿度計と温度計つけ、温度調整・湿度調整をすると、身体の水分量を上手に維持することが出来ます。

おやつの時間も上手に水分補給ができるようにする

楽しいおやつの時間にも上手に水分がとれるようなおやつを用意しましょう。 水分たっぷりのスイカなどのフルーツやフルーツゼリー、フルーツポンチ、水羊羹、プリンなどがおすすめです。手作りのフレッシュジュースやパウチパックのゼリー飲料なども栄養豊富。 少し身体を動かした後は美味しいおやつタイム・飲物タイムを設け、こまめに水分補給をするようにしましょう。 高齢者の場合はあまり無理に飲ませようとすると逆にかたくなになり、飲むのを拒否する場合があります。あくまで自然と少しずつ水分補給が出来るように促しましょう。 脱水症の時のおやつに最適なのが塩キウイ。 キウイそのものにカリウム、カルシウム、マグネシウムなど栄養が豊富に含まれており、ほんの少し塩を掛けると、点滴と同じ栄養分を摂取することが出来ます。


▲ページトップに戻る