今種類も豊富で役立つアイテム!日焼け対策に効果的なアームカバー

夏は長袖ではなく夏のファッションを楽しみたい

でも腕の日焼けはしたくない。そんな時に心強い味方となってくれる日焼け対策アイテムがアームカバーです。 ほんの少し前まではアームカバーというとどうしてもおじちゃんやおばちゃんが付けるものといったイメージがありましたが、今はランニングされる方やロードバイクを楽しむ方、ファッションを楽しむ際に日焼けが気になる女性・男性の間で人気が急上昇しています。 夏は通常は半袖が快適。 しかし、腕を出しているという事は出している部分が日焼けしてしまう危険にさらされていることになります。 特に腕というのは、日焼けしやすいところであり、実際に日焼けをしてしまうと腕の部分が黒くなってしまい、半袖で隠れている部分との肌の色の差が歴然となってしまいます。 そうかと言って腕に大量の日焼け止めを塗るのは抵抗があるという方も多く、長そでが良いことはわかっていても面倒、暑さで耐えられないという方も多いです。 しかし、そんな時でもアームカバーを持ち歩いていれば、外に出る時や車に乗るときにさっと腕につけるだけで日焼けを防止することが可能。 日焼け止めでベタベタするということも無く、手軽に日焼け対策として役立ちます。 最近では様々な素材のものが販売されており、肌触りに敏感な方にも安心して購入できるものも増えています。 今回はそんなお役立ち日焼け対策アイテムのアームカバーについて色々とお話ししていきましょう。

アームカバーは日焼け対策だけではなく色々使える!

アームカバーというのは夏の日焼け対策として大変役立つアイテムですが、その他にも大きな役割を果たしてくれます。その一つが防寒。 夏は日焼け防止対策に大いに活躍しますが、夏場ではエアコンが冷えすぎている場合や冬のランニングやジョギングを行う際には軽くて着脱が楽なアームカバーは防寒に役立ちます。 テレビ番組やイベントでマラソン大会を見ると、秋から冬の寒いシーズンはアームカバーをしながら走っている方を良く見かけます。 その際使用しているのはジョギング・ランニング用の専門のアームカバーである場合が多く、直射日光の悪影響を避けることが出来るほか、防寒対策のアームウォーマーとして走る前は走っている途中の身体を調整することが出来ます。 走っている途中で暑くなってしまった場合は手首までに下げると手首に何かちょっと巻いているといった状態となるので邪魔にもなりません。 またアームカバーは種類によってはサポーターとしての役目も果たす優れもの。 長距離などで走る時や筋肉に疲労が起きている状態の時に不要な筋肉の揺れを抑えてくれます。 自分の体調に合わせ、活動する際に筋肉の疲労を軽くし、血行を良くするなどアームカバーによって上手に調整できれば、日焼け防止も含め、大変メリットがあるという事。 必要なければ手首まで降ろすだけなので、負担もありません。 今までアームカバーはどうも抵抗があって・・という方もアームカバーは1度試してみる価値大ですし、1〜2つ持っていればいざという時に大変重宝します。 さらに今、アームカバーは進化し、シェイプアップにも効果的な着圧のアームカバーや、見た目的に二の腕がすっきり・ほっそり見えるタイプのアームカバーが販売されています。 腕の太さが気になる方にはまさに一石二鳥です。 アームカバーは価格がとにかく安い物というのであれば100円均一でも販売していますが、少々値段は高くても自分の理想に合う、毎日快適に使用できるものを選ぶようにしましょう。

紫外線対策しながらおしゃれも楽しめるアームカバー

最近では昔のようなおばちゃんスタイルのアームカバーではなく、人に思わず見せたくなるような自信をもって装着できるお洒落な紫外線対策アームカバーが続々と開発されています。 UVカットされており、ワンポイントでお洒落な絵柄のあるもの、薄くて軽い素材なのに紫外線カット力の高いアームカバーや、また装着することにより気持ちよくひんやり感を体感できる接触冷感素材のアームカバーも販売されています。 紫外線カットを考えると日焼けの効果が期待できる色というのは黒っぽいものと決めつけがちですが、UVカット加工がしてあるものであれば、どれも効果がほぼ同じですので、あまり色にこだわらずに、自分の服のコーディネートを考えて、数種類の色を購入しておくのがおすすめです。 アームカバーの色違いを数種類とTシャツを何枚か持っていれば、Tシャツとアームカバーのファッションの相性はとても良いのでその日の気分で楽しみながら組み合わせを選ぶことが出来ます。

日焼け対策のためのアームカバーはどう選ぶ?

アームカバーは日焼け防止だけでなく防寒やサポーター的な役割も果たしてくれる大変便利なものだということがわかりましたが、暑い夏時に使用する際は日焼け対策が中心。 日焼け対策を主として考えた時のアームカバーの選び方をご紹介しましょう。

UVカット率を確認する

UVカットのアームカバーを購入する際にはUVカット率を良く確認して購入する様にしましょう。 お店で購入する際に、UVカット率が記載されて無いのに、UVカットのアームカバーである場合には必ず店員さんに相談し、どのような商品なのかを確認しましょう。 通販で購入する際にはUVカット率や商品説明を良く確認する事。 また、購入された方の満足度や評価なども参考にしてみましょう。 それでもわからない場合は問い合わせをして、納得のいく商品を購入する様にしましょう。

素材を良く確認する

日焼け防止のためのアームカバーを購入する際には素材を良く確かめるのも大切です。 たとえおしゃれ感抜群であっても両面がメッシュ素材のアームカバーであれば、紫外線をお通してしまうので日焼け防止が目的の場合は避けたほうが良いでしょう。 夏でも涼しい内側だけがメッシュ素材となっているものであれば、紫外線をカットが期待できますが、その場合は日焼け止めを塗ってからアームカバーをすれば安心です。 夏暑いのが苦手という方は先ほどご紹介した接触冷感素材のアームカバーがおすすめです。 レーヨンや麻、ポリエチレン樹脂、エバール繊維、キュプラなどがありますが、お肌にデリケートな方の場合は、化学繊維ですとかゆみや肌荒れの原因となる場合があるので注意が必要です。 お肌のデリケートな方の場合は天然繊維であるシルクのアームカバーですと、夏は涼しく安心して使用できます。

伸縮性と装着感を確認する

日焼け防止のためのアームカバーを選ぶ時には、自分の腕に快適なものを選ぶのが理想的。 いくら機能的には優れていてもなんだかつけていて不快感がある、伸縮性がいまいち、装着感が苦手という場合は途中で着けているのが嫌になり、長続きしません。 せっかく日焼け止め対策として付けたアームカバーは紫外線を浴びている時に外してしまっては意味が無いのです。 お店で見本品などがあれば、必ず確認してから購入する様にしましょう。 また、お友達などが付けているアームカバーで良さそうなものがあれば、実際に触って確認させてもらうと良いでしょう。 通販などでは評価や口コミ、商品説明などを良く確認してから購入しましょう。

手先を確認する

アームカバーは手の先が商品によってそれぞれ違いがあります。 すっぽりと手袋のように指先まであるもの、指先は無く、手の甲迄のもの、手首までのものなど様々なタイプがあります。 購入する際には指先がどういう状態のアームカバーとなっているのかを必ず確認するようにしましょう。


▲ページトップに戻る